ルール

ルール

公認大会「4th BREAK」フロアルール

 1st BREAKE フロアルールはこちら2nd BREAKE フロアルールはこちら3rd BREAKE フロアルールはこちら
 4th BREAK フロアルールはこちら

更新日:2012年2月24日

ルール

  • ルールブックVer1.0に従います(「P.7 フィギュアの復活」のルールは使いません)。
    デッキ、大会形式などについては当フロアルールに従います。

デッキ

  • 対戦で使用するフィギュア、城コイン、バトルコインの組みを「デッキ」と呼びます。
  • デッキのフィギュアは10体までです。
  • デッキのフィギュアの勢力、レベルは自由です。
  • デッキには、同じ名前のフィギュアを3体まで入れることができます
    (「ダーク・クレセント」と「傲慢のスペルビア」は同じ名前のフィギュアとして扱います)。
  • デッキは、対戦ごとに変更することができます。
  • 予備のフィギュアは使用しません。

フィギュア

  • フィギュアは、バンダイから発売されているものを使ってください。
  • フィギュアのリペイント/改造をする場合、以下の事項を守って行ってください。
  • 台座とフィギュアを切り離し、別のフィギュアと入れ替える改造は禁止です。
  • 台座のデータを変更したり、見えにくくするリペイント/改造は禁止です。
  • 元のフィギュアとイメージが異なるリペイント/改造は避けてください。
  • 別のフィギュア(特にシークレットパラレルや色違いバージョンなど)と誤解してしまうような
    リペイント/改造は避けてください。
  • 他の人を不快にさせてしまうようなリペイント/改造は避けてください。
  • リペイント/改造したフィギュアを使う場合、対戦前に、対戦相手に元のフィギュアが何なのかを説明して
    了解を取ってください。
  • 大会主催者の判断で、リペイント/改造したフィギュアを使わないことを求めることができます。

使用できるフィギュア

  • バトルスターターセット「クレセント小隊の野望」
  • バトルスターターセット「ケルベロス計画暴走」
  • 第1弾「未来との遭遇」
  • 第2弾「勃発」
  • 第3弾「混戦」
  • 第4弾「闘龍」
  • 第5弾「闘将」
  • C-P01 V龍
  • C-P02 ケルベロス零号
  • C-P03 ゴールドドラゴン
  • C-P04 シルバードラゴン
  • C-P05 ブロンズドラゴン
  • G-P01 トカゲ剣兵エリート
  • G-P02 トカゲ弓兵ゴールド
  • G-P03 トカゲ弓兵シルバー
  • G-P04 トカゲ弓兵ブロンズ
  • E-P01 ゴールドオックス
  • E-P02 シルバーオックス
  • E-P03 ブロンズオックス

1体制限のフィギュア

  • 以下のフィギュアは、デッキにそれぞれ1体しか入れることができません
    (G-007獅子王とC-006 ラッキードラゴンを1体ずつのような入れ方は可能です)。
    ・A-009 カレルレン
    ・A-010 カレルレン
    ・A-012 アダムス調査隊
    ・A-015 サウス・カルフォルニア・パール
    ・A-021 キングアダムス
    ・C-006 ラッキードラゴン
    ・C-016 ドラピー
    ・C-018 聖獣セイリュウ
    ・C-019 邪龍ヘイロン
    ・C-022 クイーン・パピヨン
    ・C-P01 V龍
    ・C-P03 ゴールドドラゴン
    ・C-P04 シルバードラゴン
    ・C-P05 ブロンズドラゴン
    ・E-011 トリヤマロボ
    ・E-017 ドゴロチ
    ・E-020 パワーローダー・クシナダ
    ・E-024 ※第4弾シークレットパラレル
    ・G-007 獅子王
    ・G-011 暴虎王
    ・G-019 龍将軍
    ・G-022 白亜王
    ・G-023 獅子王

場取武礼駒

  • 大会主催者は、「戦国兵法 場取武礼駒 川中島之決戦」の駒(フィギュア)、家紋コイン(バトルコイン)、
    城コイン、場取骰子(バトルダイス)の使用を許可することもできます。
    その場合、以下のルールにしたがってください。
  • 場取武礼駒の駒(フィギュア)は、すべて1体制限のフィギュアとして扱います。
  • ただし、透波、軒猿、騎馬武者、鉄砲足軽、槍足軽はそれぞれ3体までデッキに入れることができます。
  • TK-10 槍足軽と、UE-10槍足軽は、同名ですが異なる番号ですので、それぞれ3体ずつデッキに入れることができます。
  • ガイアと武田軍は別の色の勢力として扱います。
  • バトルブレイクのものと同じ名前の城コインは、城に重複して入れることはできません
    (例:CA-01反撃2と、S-01反撃2の両方を城に入れることはできない)。

ジョーカーフィギュア/予備のフィギュア

  • 【重要】
    大会主催者は、ジョーカーフィギュアまたは予備のフィギュアのルールのどちらかを採用することができます
    (両方採用するのは避けてください)。
    推奨は、どちらのルールも使わないことです。
    特に、ジョーカーフィギュアのルールは、バトルブレイクのゲームを大きく変えるものです。
    デッキを組むことはより気軽に、ゲームはよりエキサイティングになりますが、
    相手の手を読むことは、現在のゲームよりはるかに難しくなります。
    今回の「4th BREAK」でもテストケースとして提案しますので、意欲的な大会主催者と大会参加者は、
    ぜひジョーカーフィギュアのルールを試して、感想などの報告をいただけると幸いです。
  • ジョーカーフィギュア
    ・ゲーム中1回だけ、デッキとは別に、自分のコレクションのフィギュアから1体を、
    「ジョーカー(切り札)フィギュア」として選ぶことができます。
    ジョーカーフィギュアはゲーム前に選んでおく必要はありません。
    ・ジョーカーフィギュアは、「フィギュアを追加する」のルールに従い、
    自分のスタートフェイズに、待機エリアのフィギュア1体と入れ替えることができます。
    ・ジョーカーフィギュアと入れ替えた後のデッキも、デッキのルールを満たさなければなりません(1体制限など)。
    ・ジョーカーフィギュアは、対戦相手から見て非公開情報になります。
  • 予備のフィギュア
    ・ゲーム前に、デッキとは別に「予備のフィギュア」を3体まで用意することができます。
    ・予備のフィギュアは、「フィギュアを追加する」のルールに従い、自分のスタートフェイズに、
    1ターンに1体まで、デッキのフィギュア1体と入れ替えることができます。
    ・予備のフィギュアと入れ替えた後のデッキも、デッキのルールを満たさなければなりません(1体制限など)。
    ・予備のフィギュアは、対戦相手から見て非公開情報になります。

バトルコイン/バトルダイス

  • バトルコイン/バトルダイスは、バンダイから発売されているものを使ってください。
  • バトルコイン/バトルダイスの改造は禁止します。
  • バトルコインは10枚使用します。色の組み合わせは自由です。
     バトルコイン1枚のかわりに城コイン「ナラク」1枚を入れることもできます。
  • バトルダイスは、机の上で転がるようにふります。転がらなかった場合や、机から落ちた場合は、ふりなおします。

城コイン

  • 城コインは、バンダイから発売されているものを使ってください。
  • 城コインの改造は禁止します。
  • 城コインは4枚使用します。4枚すべて別の名前のものを使います。

使用できるコイン

  • 以下のコインから4種類を各1枚使い、自分の城を作ります。
    ・CA-01~20
    ・CA-P01 歩行3
    ・CA-P02 プッシュ2
    ・CA-P03 ドラゴナイズ

大会形式

  • 大会形式は勝ち残り式トーナメント(シングルエリミネーション)を推奨します。
    その場合、シード、または敗者復活戦など適切な方法で、4人で準決勝を行なうようにします。
    準決勝の敗者同士で3位決定戦を行ってください。
  • 大会主催者は総当たり戦(リーグ戦)やスイスドロー方式で大会を行なうこともできます。
    その場合、試合方式は大会主催者にお任せします。
    ※スイスドロー方式などを行なう場合の勝ち点は、
    勝ち=3点、時間切れによる判定勝ち=2点、引き分け=1点、負け=0点とするとよいでしょう。

試合形式

  • 1ゲーム、制限時間なしの1本勝負です。
  • 大会主催者は制限時間を決めることができます。制限時間は30分を推奨します。
  • 大会主催者は1本勝負ではなく、バトルの本数を変更することができます。
  • 制限時間なしの場合も、対戦が長引いた場合、大会主催者の判断で時間切れを宣言し、対戦を終了させることができます。

時間切れ

  • 時間切れの場合、次の方法で勝者を決めます。
    1.残りの城コインが多い方が勝ち
    2.1が同じ場合、場のフィギュアのレベルの合計が大きい方が勝ち
    3.2が同じ場合、廃棄エリアのフィギュアのレベルが小さい方が勝ち
    4.3が同じ場合、引き分け(必要ならじゃんけんで勝敗を決める)

千日手

  • このルールは、両方のプレイヤーのバンクが0枚のときに適用されます。
  • 両方のプレイヤーが3ターンにわたり(合計6ターン)、出撃、前方への移動、攻撃のいずれも行なわない場合、
    「千日手」となります。
  • その他、大会主催者は「ゲームが進行していない」と判断した場合、「千日手」であるとすることができます。
  • 千日手になった場合、制限時間内でも、「制限時間中に勝負がつかない」とし、時間切れの場合と同様に
     勝者を決めることができます。

注意事項

  • ゲームの開始時には「よろしくお願いします」、終了時には「ありがとうございました」とあいさつを忘れずしましょう。
    「ブレイクアウト!」のかけ声も忘れずに。
  • 城コインと予備のフィギュア以外はすべて公開情報です。
    対戦相手にフィギュアのコイン効果を聞かれたら、台座の裏面を見せてあげてください。
  • フィギュアの出撃や行動をやりなおすことは、マナーとして極力避けてください。
    同時に、対戦相手がやりなおしすることに対しては、大きな心で許すようにしてください。
    ただし、コイン効果を使ったり、攻撃をした場合、それ以前のやりなおしはできません。
  • 行動をするとき、攻撃をするとき、コイン効果を使うときは、どのフィギュアがどのフィギュアに対して行なうのか、
    対戦相手に伝わるよう宣言してください。
    宣言せずにバトルダイスを振った場合、対戦相手は振りなおしを要求することができます。
  • 長考などを装い、プレイを故意に遅延させてはいけません。
    大会主催者が故意の遅延と判断した場合(目安は1ターン2分)、直ちにそのターンを終了させます。
    悪質な場合、さらにペナルティを与えることができます。
  • その他、大会主催者の指示には必ず従ってください。

▲pagetop

◆一覧へ戻る